「アクチニウム」の版間の差分

基底状態
m (14.12.3.225 (会話) による版を 2402:6B00:7469:5600:9804:D710:B767:BCFB による版へ巻き戻し)
タグ: 巻き戻し
(基底状態)
 
== 性質 ==
アクチノイド系列の最初の元素。したがって、5f軌道には[[電子]]がなく、6d軌道に1個、7s軌道に2個の電子が詰まっている。銀白色の[[金属]]で、安定な構造は[[立方晶系]]。アクチニウムのアルファ線はとても強力で([[ラジウム]]の150倍の[[放射能]]を持つ)、暗所では青白く光る。比重は10.07、[[融点]]は1050 {{℃}}、[[沸点]]は3200 {{℃}}。湿った空気中では酸化被膜を形成する。化合物中の[[原子価]]は唯一+3価が安定で、化学的性質は[[ランタン]]に似る。Ac<sup>3+</sup> の[[イオン半径]]が大きいため、酸化物および[[水酸化物]]はランタンより塩基性が強い。ランタンより錯塩を作りやすい傾向がある。また、アクチニウム225の出すアルファ線はガン細胞を破壊する。海外では、この性質を利用したガン治療の研究が進められている。アクチニウム原子の基底状態は<sup>2</sup>D3/2、イオンの基底状態は<sup>1</sup>Sと表される。
 
== 同位体 ==
15

回編集