「川端慎吾」の版間の差分

(163.58.105.140 (会話) による ID:77908311 の版を取り消し)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 取り消し 改良版モバイル編集
(→‎ヤクルト時代: 誤字修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
{{by|2017年}}キャンプ中に[[椎間板ヘルニア]]を発症。リハビリを続けてきたが、症状が悪化したために8月に手術を受けた<ref>[http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/08/17/kiji/20170817s00001173256000c.html ヤクルト川端 今月中に腰を手術へ 今季中の復帰断念]スポニチ 2017年8月17日掲載</ref>。そのため一軍出場はなかった。
 
{{by|2018年}}、OBの[[真中満]]は、「6番・川端」の完全復活にヤクルト打線そのものの完成にかかっていると論評していた<ref name="besuma">ベースボール・マガジン社『週刊ベースボール』2018年10月1日号 p.25.</ref>。シーズンでは「5番・三塁手」として開幕スタメンを果たし、開幕戦で2年ぶりの本塁打を放った<ref>{{Cite web|title=ヤクルト・川端が三回に1号2ラン「前の打席にチャンスで打てなかったので…」|url=https://www.sanspo.com/baseball/news/20180330/swa18033019590009-n1.html|website=SANSPO.COM|date=2018-03-30|accessdate=2020-04-29|language=ja-JP}}</ref>。次カードの4月3日の広島戦では[[今村猛]]から頭部死球を受けるアクシデントに見舞われ<ref>{{Cite web|title=ヤクルト・川端、頭部死球で途中交代…検査結果は異常なし|url=https://www.sanspo.com/baseball/news/20180404/swa18040405010001-n1.html|website=SANSPO.COM|date=2018-04-04|accessdate=2020-04-29|language=ja-JP}}</ref>、[[脳震盪]]特例措置で4日に登録抹消となる<ref>{{Cite web|title=燕・川端、脳振とう特例措置で抹消 10日間待たず再登録可|url=https://www.sanspo.com/baseball/news/20180405/swa18040505010003-n1.html|website=SANSPO.COM|date=2018-04-05|accessdate=2020-04-29|language=ja-JP}}</ref>。その後復帰するも打撃不振に陥り二軍で再調整のため再び登録抹消となった。6月6日に一軍復帰すると調子を取り戻し<ref>{{Cite web|title=【セ・リーグ公示】6月6日 中日・小笠原が登録|url=https://www.sanspo.com/baseball/news/20180606/npb18060616380006-n1.html|website=SANSPO.COM|date=2018-06-06|accessdate=2020-04-29|language=ja-JP}}</ref>、打順は主に6番や7番で三塁手として出場。7月21日の中日戦では、9回裏に[[鈴木博志]]から自身初のサヨナラ本塁打を放った<ref>{{Cite web|title=川端、プロ初サヨナラ弾!連夜のV撃でヤクルト3位導いた|url=https://www.sanspo.com/baseball/news/20180722/swa18072205060002-n1.html|website=SANSPO.COM(サンスポ)|date=2018-07-22|accessdate=2020-04-29|language=ja-JP}}</ref>。また8月14日の巨人戦では9回裏に[[サムエル・アダメス|アダメス]]から逆転サヨナラ打を放った<ref>{{Cite web|title=【試合結果】ヤクルト・川端が劇的サヨナラ逆転二塁打 巨人撃破で2位浮上|url=https://www.sanspo.com/baseball/news/20180814/npb18081418250008-n1.html|website=SANSPO.COM(サンスポ)|date=2018-08-14|accessdate=2020-04-29|language=ja-JP}}</ref>。最終的に97試合に出場し、規定打席に届かず打率.259と完全復活とはならなかったが、要所で勝負強さを見せた。
 
{{by|2019年}}は、開幕一軍とはならなかった。4月19日に一軍に昇格すると、翌20日の中日戦では6回に[[村上宗隆]]の代打で出場し、[[柳裕也]]から適時打を放って通算1000本安打を達成した<ref>{{Cite web|title=ヤクルト川端“らしい”1000安打、妹復帰で決意 - プロ野球 : 日刊スポーツ|url=https://www.nikkansports.com/baseball/news/201904200000969.html|website=nikkansports.com|accessdate=2020-04-29|language=ja}}</ref>。また9月4日の広島戦では、6回に代打で出場して通算1000試合出場を達成した<ref>{{Cite web|title=ヤクルト川端通算1000試合出場、史上504人目 - プロ野球 : 日刊スポーツ|url=https://www.nikkansports.com/baseball/news/201909040000798.html|website=nikkansports.com|accessdate=2020-04-29|language=ja}}</ref>。しかし腰の状態が上向かずシーズン通じて不振で、37試合の出場で打率.164に終わった。年俸は1億円減で4000万円となった<ref>{{Cite web|title=ヤクルト・川端が1億円の大幅ダウン 腰の状態上向かず「きつかった」|url=https://www.daily.co.jp/baseball/2019/12/20/0012975598.shtml?pg=amp|website=www.daily.co.jp|accessdate=2020-01-02}}</ref><ref>{{Cite web|title=ヤクルト・小川、単年選択で9000万円 川端は1億円減の4000万円 - SANSPO.COM(サンスポ)|url=https://www.sanspo.com/baseball/amp/20191220/swa19122018410003-a.html|website=www.sanspo.com|accessdate=2020-01-02}}</ref>。
匿名利用者