「赤谷山城」の版間の差分

編集の要約なし
m (曖昧さ回避ページ八幡町へのリンクを解消、リンク先を八幡町 (岐阜県)に変更(DisamAssist使用))
タグ: メディア追加 メディア除去
|ラベル位置=bottom
}}
'''赤谷山城'''(あかだにやまじょう)<ref>赤谷山の読みを「あか''''''にやま」と表記する書籍も存在する。『[[日本城郭大系]]』9([[新人物往来社]])364頁</ref>あるいは'''東殿山城'''(とうどやまじょう)<!--<ref>東殿山の読みに「ひがしとのやま」(株式会社新人物往来社・発行「日本城郭大系 第9巻」P364)や「とうでんざん」(郡上郡郷土誌編集委員会・編集「郡上郡郷土誌」P73)などと表記する書籍があるが、それらは誤りである。(できれば書籍名とページ名、誤りであるとする出典を記載していただければと思います。)</ref><ref>東殿山の読みを「とうどうやま」と表記する書籍も存在する。</ref>--->は、現在の[[岐阜県]][[郡上市]][[八幡町 (岐阜県)|八幡町]]島谷に存在した[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]の[[日本の城|山城]]である。[[東常慶]]らによって[[郡上郡]]支配の拠点として使用された。石垣などの[[遺構]]が残っている<ref name="best">[[高田徹]]「東殿山城」([[中井均]]・三宅唯美編著『岐阜の山城ベスト50を歩く』[[サンライズ出版]]、[[2010年]])78頁-81頁</ref>。
 
== 名称と位置関係について ==
 
== アクセス ==
* [[長良川鉄道]][[郡上八幡駅]]→[[愛宕公園]]→五人塚→主郭
 
== 脚注 ==
 
== 関連項目 ==
* [[郡上八幡城]]
* [[篠脇城]]
*[[東氏館]]
 
{{デフォルトソート:あかたにやましよう}}