「マラサイ」の版間の差分

}}
「ホビージャパン」の連載企画『MOBILE SUIT in ACTION ジオンの星』に登場。
マラサイを地上戦用に現地改修した機体で<ref name="hj8609-86" />、高速走行による一撃離脱戦法を得意とし、最前線における突撃・撹乱を主任務とする<ref name="hj8609-86" />。宇宙空間用のロケット・スラスターを排し、脚部と臀部にホバー走行ユニットを装着するとともに<ref name="hj8609-86" />バックパックは大型プロペラント・タンクに換甲も軽量化が図られている<ref name="hj8609-86,88,89" >「ホビージャパン」1986年9月号、86・88・89頁。</ref>。また、装甲の軽量化が図られるとともに、頭部センサー・ユニットも強化され大型化、索敵性能も大幅に向上している<ref name="hj8609-86" />。他機種から流用したパーツも組み込まれており、脚部には機種不明の試作MS、ホバー・ユニットには鹵獲したエゥーゴ機のパーツが一部用いられている<ref name="hj8609-88,89">「ホビージャパン」1986年9月号、88・89頁。</ref>。
 
主兵装の携行火器である50mm6連装バルカン・ポッドは、[[ガルダ (ガンダムシリーズ)|ガルダ級超大型輸送機]]の副砲として開発されたものを転用しており、いる<ref name="hj8609-86" />。これは速射性および命中率において最新のビーム兵器をしのぐ性能をもつ持ち、サイドアーマーの制御用コネクターに有線接続されている<ref name="hj8609-86,87" >「ホビージャパン」1986年9月号、86・87頁。</ref>。ほか武装として腰部両側面にクラッカーが5個入ったラックを装着、両前腕部甲にはスモーク・ディスチャージャー5基を内装する<ref name="hj8609-86" />。また、左肩のスパイクは特殊鋼製のものに交換され<ref name="hj8609-86" />、右肩のシールドは廃されオプショナル・ウェポン・ラックとなっている<ref name="hj8609-86" />。塗装は緑を基調とする。
マラサイを地上戦用に現地改修した機体で<ref name="hj8609-86" />、高速走行による一撃離脱戦法を得意とし、最前線における突撃・撹乱を主任務とする<ref name="hj8609-86" />。宇宙空間用のロケット・スラスターを排し、脚部と臀部にホバー走行ユニットを装着、装甲も軽量化が図られている<ref name="hj8609-86" />。頭部センサー・ユニットも強化され大型化、索敵性能も大幅に向上している<ref name="hj8609-86" />。
 
主兵装の携行火器である50mm6連装バルカン・ポッドは、[[ガルダ (ガンダムシリーズ)|ガルダ級超大型輸送機]]の副砲として開発されたものを転用しており、速射性および命中率において最新のビーム兵器をしのぐ性能をもつ<ref name="hj8609-86" />。ほかに武装は腰部両側面にクラッカーが5個入ったラックを装着、両前腕部甲にはスモーク・ディスチャージャー5基を内装する<ref name="hj8609-86" />。また、左肩のスパイクは特殊鋼製のものに交換され<ref name="hj8609-86" />、右肩のシールドは廃されオプショナル・ウェポン・ラックとなっている<ref name="hj8609-86" />。塗装は緑を基調とする。
 
元ジオン公国軍兵士からなる地球連邦軍第13独立機動戦隊「DRAGOON13」のデグナー・ロメオ中尉が搭乗するA型のほか、同隊にはもう1機のA型と、その簡易バージョン(型式番号:'''RMS-108(d13)B''')も6機配備されている<ref name="hjzz-34">『月刊ホビージャパン12月号別冊 Modeler's Material Series:9 機動戦士ガンダムΖΖ “モビルスーツ・イン・アクション”』1986年、34頁。</ref>。簡易バージョンにはホバー走行ユニットは装備されておらず、ジャイアント・バズを携行する<ref name="hjzz-34" />。