「和田岬」の版間の差分

編集の要約なし
(有る程度手直し)
 
==概要==
[[六甲山地]]から南流する[[妙法寺川]]・[[苅藻川]]の流出土砂、及び沿岸流によって形成された[[砂嘴]]。元々は読みは同じで'''輪田'''や'''和太'''等と呼ばれていた。昔は、名勝地であった。[[江戸時代]]末期に[[勝海舟]]により[[和田岬砲台]]が作られたが、実戦には使われなかった。和田岬砲台は、現在は[[三菱重工業]]の敷地内にある。明治初期に[[和田岬灯台]]が設置され、[[1963年]]まで使われている。また、神戸初の水族館「和楽園」も作られた。[[明治時代]]中期以降、先端部に'''三菱造船'''や'''川崎造船所'''等が進出して、工業地域として発展していった。現在でも、三菱造船の流れをくむ三菱重工業神戸造船所や、三菱造船の電機製作所が分離して成立した[[三菱電機]]、川崎造船所の流れをくむ[[川崎重工業]]等の工場が建ち並んでいる。
 
==和田岬の地名を有した施設など==
*[[和田岬駅]]([[西日本旅客鉄道]]及び[[神戸市営地下鉄]]
*[[和田岬線]](山陽本線の支線の通称)
*[[和田岬砲台]]