メインメニューを開く
当時の特設消防署(神田消防署)

特設消防署(とくせつしょうぼうしょ)は、戦前の日本において、消防活動を行った常設の消防機関。現在の消防署にあたる組織である。「官設消防」ともいう。

概要編集

大正時代になると、非常設の消防組だけでは、都市火災への対応が難しいことが明らかになった。既に東京を始め、幾つかの都市では独自に常設の消防機関を設置しつつあった。

1919年(大正8年)、政府は「特設消防署規程」(大正8年勅令第350号)を制定し、特定の市に常設の「消防署」を置くことになった。

消防署は、府県警察部東京府では警視庁)に属し、消防司令以下の常勤の消防官が消防活動を行った。

昭和期に入ると、救急業務も手がけるようになった。

戦後、消防組織法の制定により、消防署は警察の管轄から離れ、市町村消防本部に所属することになった。

階級編集

  • 消防司令
  • 消防士/消防機関士(技官)
  • 消防士補/消防機関士補(技官)
  • 消防曹長
  • 消防手

関連項目編集