メインメニューを開く

犬と笛』(いぬとふえ)は、芥川龍之介短編小説1919年大正8年)に『赤い鳥』にて発表された。芥川の児童文学中でも冒険色が強い作品である。

あらすじ編集

大和国(現在の奈良県)に住む木こりの髪長彦は、ある日森の中で神に出会う。そこで神に願いはなんだと聞かれると、髪長彦は犬が欲しいと言った。そんな髪長彦の無欲な精神を気に入った神は髪長彦に三匹の犬を与えた。その三匹の犬が特殊な力を持つ犬で、その犬といっしょに囚われの身の大和国の姫を救う旅に出る。

外部リンク編集