メインメニューを開く
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

犬神家の謎 悪魔は踊る』(いぬがみけのなぞ あくまはおどる)は、1954年に製作・公開された日本映画である。片岡千恵蔵金田一耕助シリーズの第5作である。東映京都撮影所製作、東映配給。

犬神家の謎 悪魔は踊る
監督 渡辺邦男
脚本 高岩肇
原作 横溝正史犬神家の一族
製作 東映京都撮影所
製作総指揮 企画
玉木潤一郎
田口直也
出演者 片岡千恵蔵
喜多川千鶴
小夜福子
音楽 山田栄一
撮影 渡辺孝
配給 日本の旗 東映
公開 日本の旗 1954年8月8日
上映時間 78分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 悪魔が来りて笛を吹く
次作 三つ首塔
テンプレートを表示

ストーリー編集

複数の映画情報サイト(外部リンクの節に列挙されているKINENOTE・Movie Walker・映画.com)に全く同一テキストのストーリーが掲載されている。それによると、原作から以下のように変更されている。

  • 舞台は那須湖畔ではなく那須高原である。ただし、金田一が助手の白木(片岡千恵蔵版オリジナルキャラクタ)と共に若林の死体を発見した宿は湖畔にある。
  • 「佐兵衛」ではなく「左兵衛」、「佐清、佐武、佐智」ではなく「輔清、輔武、輔智」である。
  • 珠世は左兵衛と人妻との密通で生まれた息子の子供である。
  • 若林は古館弁護士の秘書である。
  • 輔清は外地で戦犯の指名をうけ変装して帰国したことを青沼静馬に知られて脅迫されていた。

なお、片岡千恵蔵版金田一耕助シリーズの他の作品とは異なり、犯人は変更されていない。左兵衛の遺産は、このストーリー情報では、規模は10億円となっているが内容は不明である。また、青沼静馬の母親についても、このストーリー情報では人物像や消息が明らかでない。

キャスト編集

スタッフ編集

外部リンク編集