狐と鶴のご馳走

イソップ寓話

狐と鶴のご馳走」(きつねとつるのごちそう)は、イソップ寓話のひとつ。

Font de la Cigonya i de la Guineu (parc de la Ciutadella).JPG

あらすじ編集

意地悪好きのに「ご馳走するからいらっしゃい」と招待し、やって来た鶴にわざと平たい皿に入れたスープを差し出す。鶴はクチバシが長いため飲めない。それを見ながら狐はおいしそうにスープを飲む。

しばらく後、鶴は狐に「先日はご馳走をありがとう、今度は私がご馳走するからいらっしゃい」と言って、訪れた狐に細長い口の壷に入れた肉を差し出す。狐はクチバシがないのでそれを食べられない。それを見ながら鶴はおいしそうにクチバシで中の肉をつまんで食べる。

教訓編集

他人を傷つけた者は、いつか自分も同じように傷つけられる。

たとえ善意からくる行動であっても思慮が足りないと相手に受け入れられず、互いに傷つく。

備考編集

本作のタイトルは「狐と鶴の御馳走」だが原題では「狐と(The Fox and the Stork)」となっている。

関連項目編集