キツネ

哺乳綱ネコ目(食肉目)イヌ科イヌ亜科の一部

キツネ)は、哺乳綱ネコ目(食肉目)イヌ科イヌ亜科の一部。

キツネ(広義)
Vulpes vulpes laying in snow.jpg
アカギツネ(亜種キタキツネVulpes vulpes schrencki
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目(食肉目)Carnivora
: イヌ科 Canidae
亜科 : イヌ亜科 Caninae
階級なし : キツネ“fox”
和名
キツネ(狐)
英名
fox

狭義にはキツネ属のことである[1][2]。広義には、明確な定義はないがイヌ亜科の数属を総称する[3][4]が、これは互いに近縁でない属から構成される多系統である。

最も狭義にはキツネ属の1種アカギツネのことである[5][6]。古来、日本で「狐」といえば、アカギツネの亜種ホンドギツネのことだったが、蝦夷地進出後は、北海道の別亜種キタキツネも含むようになった。

ただし、この記事では広義のキツネを扱うものとする。キツネ属アカギツネについてはそれぞれの記事を参照。

現生種編集

最も広義のキツネとして、和名に「キツネ」(英語名に fox)が含まれる6属の種を挙げる。ただし、化石種を除く(近代絶滅種は挙げる)。

大きく3分した「〜クレード」は分子系統による[7]。イヌ亜科は伝統的にはイヌ族 Canini とキツネ族 Vulpini に分けられてきたが、この分類は、系統にも、広義のキツネの範囲とも、対応していない。

系統編集

広義のキツネ(図中の ―◆)は、イヌ亜科(現生イヌ科)の中で単系統を成さず、系統的に分散した多系統である。イヌ亜科の4大系統のうち3つに分散している。

イヌ亜科
アカギツネ型クレード

キツネ属 Vulpes

タヌキ属 Nyctereutes

オオミミギツネ属 Otocyon

南米クレード

コミミイヌ属 Atelocynus

カニクイキツネ属 Cerdocyon

クルペオギツネ属 Lycalopex

◆†フォークランドキツネ属 Dusicyon

タテガミオオカミ属 Chrysocyon

ヤブイヌ属 Speothos

オオカミ型クレード

イヌ属オオカミイヌジャッカル)・コヨーテドール

シマハイイロギツネクレード

ハイイロギツネ属 Urocyon

[7][8]

生態編集

日本では、本州九州四国の各本島と淡路島[9]ホンドギツネが、北海道本島と北方領土キタキツネが生息している。近年、沖縄本島でも自然分布以外の流入で生息が確認されている[要出典]佐渡島にも人為的な移入がなされたが、定着は確認されていない[10]

イヌ科には珍しく、群れず、小さな家族単位で生活する。イヌのような社会性はあまりないとされるが、宮城県白石市の狐塚のように、大きなグループで生活していた例も知られる[11]

生後1年も満たないで捕獲訓練をマスターし、獲物を捕らえるようになる。食性は肉食に近い雑食性。鳥、ウサギ、齧歯類などの小動物や昆虫を食べる。餌が少ないと雑食性となり人間の生活圏で残飯やニワトリを食べたりする。夜行性で非常に用心深い反面、賢い動物で好奇心が強い。そのため大丈夫と判断すると大胆な行動をとりはじめる。人に慣れることで、白昼に観光客に餌をねだるようになる事が問題になっている[11]

夜行性で、瞳孔ネコと同じく縦長である。

 
キツネの骨格(種不明、模式図か)

野生のキツネは10年程度の寿命とされるが、ほとんどの場合、狩猟・事故・病気によって、2-3年しか生きられない[12]

一般的に、キツネの体格は、オオカミジャッカルなど、イヌ科の他の種よりも小型である。平均的なオスのキツネの体重は、5.9kg、メスはそれより軽い5.2kg。俗に言うキツネ顔で、ふさふさした尾を持つ。典型的なアカギツネの毛色は、赤褐色で、通常尾の先は白い[12]

ロシアでは45年の選択的交配でギンギツネの創出に成功している。この選択的な繁殖により、毛色のバリエーション・丸い耳・巻き尾など、猫・犬・その他の動物で見られるような物理的・行動特性が変化することが分かった[13]

人畜共通感染症であるエキノコックスについては、エキノコックス症の項が詳しい。

人間との関係編集

狐は、小型の家畜、ペット、また家に侵入し子供を襲うため、害獣とされた。どのような環境にも適応するので、様々な場所に住む固有種に影響を与える。都市部でもゴミを漁って生活できるため、そういった狐は resident urban carnivores(都市居住型肉食動物?) に分類される[14]。また、そういった狐は、猫などの小動物を捕食したりし、ごみなどを散らかすため駆除対象となる[15]

一部の国では、キツネはウサギと鶏の主要な捕食者であり、それら2つの種の個体群振動を研究した最初の非線形振動は、生物の捕食-被食関係による個体数の変動を表現する数理モデルであるロトカ・ヴォルテラの方程式として導かれた[16][17]

キツネ狩り編集

16世紀にイギリスでキツネ狩りが始まり、イギリスの文化となった。しかし、20世紀以降は、世界的な動物愛護の影響により、イギリスでは犬を使った狩猟が禁止されている[18][19][20][21]

家畜化の可能性編集

青銅器時代イベリア半島ではと同様に餌を与えられ埋葬されていたことから、少なくともこの時代のこの地域では狐を家畜化していた可能性がある[22]

ロシアの神経細胞学者リュドミラ・ニコラエブナ・トルットは、ロシア科学アカデミーの遺伝学者ドミトリ・ベリャーエフと共に、キツネの人為選択による馴致化実験を行った[23][24]。100頭あまりのキツネを掛け合わせ、もっとも人間になつく個体を選択して配合を繰り返すことで、わずか40世代でイヌのようにしっぽを振り、人間になつく個体を生み出すことに成功した。同時に、耳が丸くなるなど飼い犬のような形質を発現することも観察された[25][出典無効][26][27]。これはなつきやすさという性質が、(自然、あるいは人為的に)選択されうることを示している。

以下のような観光用の放し飼い施設がある。

北きつね牧場
キタキツネ 約100頭規模、『北の国から』スペシャルエディションのロケ地
宮城蔵王キツネ村 
キタキツネ・銀ギツネ・十字ギツネ・ホッキョクギツネ・ブルーフォックス混合 約100頭規模、映画『子ぎつねヘレン』役のキツネの里

鳴き声の聞きなし編集

日本における鳴き声の聞きなしについては、古来は「キツ」「ケツ」と表現されており、岩手県遠野市付近の口承文芸を採集した佐々木喜善が編集した説話集『聴耳草紙』『老媼夜譚』、あるいは佐々木の語りをまとめた柳田国男の『遠野物語』においては、キツネの鳴き声は「グェン」「ジャグェン」と表現されている。近代からは「コン」「コンコン」が専ら用いられている。「コン」「コンコン」については(テレビ朝日『シルシルミシルさんデー』の調べによって)親が子を呼ぶ時の鳴き声に由来していると報告されている[28]。なおアイヌ語での聞きなしは「パウ」「パウパウ」である[29]

大衆文化の中での狐編集

狐は広い範囲に適応して住み着くことから、多くの地域の民族伝承に登場する。西洋では、ハンターを回避する狡猾な動物であることからトリックスターの役割として登場する。アジア圏では、使い魔としての役割や、西洋のように悪戯好きで人を騙す性格を有して、女性に化けたりなどの能力を持つ。特に日本(大和民族)においては文化・信仰と言えるほどキツネに対して親密で、人を化かすいたずら好きの動物と考えられたり、それとは逆に、宇迦之御魂神神使として信仰されたりしている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 三省堂編修所, ed. (2012), “キツネ”, 三省堂 生物小事典, 三省堂, ISBN 978-4-385-24006-0 
  2. ^ 増井光子 (1974), “キツネ”, in 相賀徹夫, 万有百科大事典 20 動物, 小学館 
  3. ^ ミステリアス“ウルフ” - 中村一恵生命の星・地球博物館名誉館員)
  4. ^ Sillero-Zubiri, Claudio; et al., eds., Status Survey and Conservation Action Plan, Canids: Foxes, Wolves, Jackals and Dogs, IUCN/SSC Canid Specialist Group, http://www.carnivoreconservation.org/files/actionplans/canids.pdf 
  5. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ). “キツネ” (日本語). コトバンク. 2021年2月26日閲覧。
  6. ^ 今泉吉晴 (2009), “キツネ”, in 下中直人, 世界大百科事典, 2009年改定新版, 平凡社 
  7. ^ a b Lindblad-Toh, Kerstin; et al. (2005), “Genome sequence, comparative analysis and haplotype structure of the domestic dog”, Nature 438: 803–819, doi:10.1038/nature04338, http://www.nature.com/nature/journal/v438/n7069/full/nature04338.html 
  8. ^ Austin, Jeremy J.; et al. (2013), “The origins of the enigmatic Falkland Islands wolf”, Nature Communications 4, doi:10.1038/ncomms2570, http://www.nature.com/ncomms/journal/v4/n3/full/ncomms2570.html 
  9. ^ 洲本川水系河川整備基本方針(案) 概要 - 兵庫県[リンク切れ]
  10. ^ 佐渡島のテンの生息に関する研究 - 箕口秀夫新潟大学農学部助教授)他 (2004)
  11. ^ a b 宮城蔵王キツネ村公式ウェブサイト
  12. ^ a b Journal of Mammalogy
  13. ^ Early Canid Domestication: The Fox Farm Experiment
  14. ^ Iossa, G. et al. A Taxonomic Analysis of Urban Carnivore Ecology, from Urban Carnivores. Stanley Gehrt et al. eds. 2010. p.174.
  15. ^ Clark E. Adams (15 June 2012). Urban Wildlife Management, Second Edition. CRC Press. p. 168. ISBN 978-1-4665-2127-8. https://books.google.com/books?id=D0X7CAAAQBAJ 
  16. ^ Sprott, Julien. Elegant Chaos 2010. p.89.
  17. ^ Komarova, Natalia. Axiomatic Modeling in Life Sciences, from Mathematics and Life Sciences. Alexandra Antoniouk and Roderick Melnik, eds. pp.113–114.
  18. ^ “Hunt campaigners lose legal bid”. BBC News Online. (2006年6月23日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/5109184.stm 
  19. ^ Singh, Anita (2009年9月18日). “David Cameron 'to vote against fox hunting ban'”. The Daily Telegraph. 2009年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年5月2日閲覧。
  20. ^ Fox Hunting. North West League Against Cruel Sports Support Group. nwlacs.co.uk
  21. ^ Fox Hunting: For and Against”. 2009年12月12日閲覧。
  22. ^ 青銅器時代、キツネは家畜化されていた(スペイン)紀元前3千年から2千年
  23. ^ 動物好きな研究者の夢 -- 40年の研究からペットギツネが誕生
  24. ^ 実験飼育場で遊ぶキツネ”. ロシアNOW. 2015年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月21日閲覧。
  25. ^ 地球ドラマチック「不自然な“進化”〜今 動物に何が!?〜」
  26. ^ 特集:野生動物 ペットへの道
  27. ^ ロシア科学アカデミーシベリア支部 細胞学・遺伝学研究所の「キツネの家畜化研究」
  28. ^ 2010年8月29日放送シルシルミシルさんデー『キツネは本当に「コンコン」鳴くの?』
  29. ^ 中川裕「語り合うことばの力~カムイたちと生きる世界」

関連項目編集