メインメニューを開く

狩野 美智子(かのう みちこ、1929年(昭和4年) - )は、日本のスペイン研究家、評論家

目次

来歴編集

東京浅草生まれ。東京空襲を度々経験し、長崎での学徒動員中に工場で被爆。1956年慶應義塾大学文学部西洋史学科卒業。都内の定時制高校などで28年間教えた。83年退職。その後は文筆家翻訳家

著書編集

  • 『沖縄を学ぶ わたしたちの基礎講座レポート』吾妻書房、1979
  • 『バスク物語 地図にない国の人びと』彩流社、1992
  • 『バスクとスペイン内戦』彩流社、2003
  • 野上弥生子とその時代』ゆまに書房、2009
  • 『家族の歴史』恵雅堂出版 (制作)、2011
  • 『長崎の被爆者から見た3・11後 :83歳の思うこと』彩流社、2013
共著
  • 『広島・長崎から 戦後民主主義を生きる 往復書簡』関千枝子共著 彩流社、2012

翻訳編集

  • ホセ・アントニオ・デ・アギーレ『バスク大統領亡命記 ゲルニカからニューヨークへ』三省堂、1989
  • ルイス・デ・カストレサナ『もう一つのゲルニカの木』平凡社、1991
  • レイチェル・バード『ナバラ王国の歴史 山の民バスク民族の国』彩流社、1995

参考編集