メインメニューを開く

猪去 詮義(いさり あきよし、1506?〜1566?(永禄9年)は、戦国時代武将。父は斯波詮高。兄に経詮雫石詮貞。子は義方猪去久道の父)。

猪去氏清和源氏の一流河内源氏の流れを汲む足利氏一門高水寺斯波氏の庶流。

父・詮高が南部氏より雫石村を奪取すると、父により次兄・詮貞が雫石城主に、詮義が猪去(現在の盛岡市)に居館を構えた。足利将軍家(御所)と祖を同じくする足利氏の一門であることから、内外より猪去御所と尊称された。

参考文献編集

  • 児玉 幸阿・坪井 清足『日本城郭大系 第2巻 青森・岩手・秋田』新人物往来社、1980年7月15日。