メインメニューを開く

雫石 詮貞(しずくいし あきさだ、1503?〜1560?(永禄3年)は、戦国時代武将。父は斯波詮高。兄に経詮、弟に猪去詮義がいる。子に詮貴

雫石氏清和源氏の一流河内源氏の流れを汲む足利氏一門高水寺斯波氏の庶流。

父・詮高が南部氏より奪取した雫石村を知行し雫石城主となった。足利将軍家御所)と祖を同じくする足利氏の一門であることから、内外より「雫石御所」と尊称された。