王 士性(おう しせい、1547年嘉靖26年) - 1598年万暦26年))、字は恆叔、号は元白道人、中国・官僚学者浙江出身。

万暦5年(1577年進士となり、朗陵(現河南省駐馬店市確山県)の知県に就任。その後、礼科給事中に任ぜられる。万暦11年郭思極の科挙試験場における、張居正の第三子張懋修に対する不正を弾劾。万暦13年(1585年)母の逝去に伴い3年間服喪のため職を辞す。万暦16年(1588年)官職に復すが、万暦帝の不興に遭い、吏科給事中を更迭され、以後、地方官を転々とし、四川参議広西参議、雲南副憲山東参議などを歴任する。ただ、旅を好み各地の名所を訪れ、訪れた各地の状況について膨大な記録を残した。張家渡象鼻岩白象書院を創建。万暦26年(1598年)、鴻臚卿在任中に死去。

著作に、『広志繹』、『五岳遊草』、『広遊志』等があり、現在『王士性地理書三種』としてまとめられている。

参考文献編集