メインメニューを開く
王将 (戯曲) > 王将一代

王将一代」(おうしょういちだい)は1955年10月2日公開の日本映画。製作は新東宝。116分。

王将一代
The Chess King / The King of Chess
監督 伊藤大輔
脚本 菊島隆三、伊藤大輔
原作 北条秀司(『王将』)
製作 津田勝二
製作総指揮 星野和平
出演者 辰巳柳太郎
音楽 伊福部昭
撮影 平野好美
製作会社 新東宝
公開 日本の旗1955年10月2日
上映時間 116分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

北條秀司が1947年に発表した戯曲『王将』の二度目の映画化である。戯曲版で坂田三吉を演じた辰巳柳太郎、入江名人役の島田正吾など、新国劇のキャストが主要な役を演じている。

戯曲『王将』第1部・第2部・第3部の映画化となる。本来、坂田の死去まで描き二部作で製作する予定だったが実現せず、一作にまとめたため、原作の第3部の冒頭での、坂田の弟子が死去する場面で終わっている。

スタッフ編集

キャスト編集

外部リンク編集