メインメニューを開く
本来の表記は「王底楨」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

王 底楨(おう ていてい、Wang Dizhen、? - 1858年)、末の白蓮教徒の蜂起の指導者。王廷楨とも書く。

安徽省阜陽西爐寨出身。白蓮教の教主で、1858年に弟子の李潮仕とともに蜂起し、王底楨は「順天軍師」、李潮仕は「大司馬」を名乗った。蜂起には河南省沈丘項城市息県などの民衆が参加し、太平天国捻軍とともに固始を包囲した。しかし包囲に失敗し、逆に河南巡撫英桂の派遣した徳楞泰に西爐寨を包囲された。2か月余りの戦闘の後に西爐寨は全滅し、7500人余りが殺害された。

参考文献編集

  • 郭穀生・史式編『太平天国大辞典』中国社会科学出版社
  • 張珊『捻軍史研究』文化芸術出版社