王 隆(おう りゅう、朝鮮語: 왕륭)または王 龍建(おう りゅうけん、ワン・ヨンゴン[1]朝鮮語: 용건)は、高麗の太祖王建の父。廟号世祖[2]諡号威武大王[3]

王隆
各種表記
ハングル 왕륭
漢字 王隆
日本語読み: おう りゅう
2000年式
MR式
Wang Yung
Wang Yung
テンプレートを表示

生涯編集

中国の陝西省京兆郡出身の康叔の次男の67代子孫[4][5][6]康虎景の息子が康忠であり、康忠は、伊帝健・宝甸・康宝育の3人の子を授かる。康宝育は姪の康徳州を娶り娘の康辰義をもうけ、その康辰義と中国人とのあいだに生まれたのが王帝建である[1]。王帝建の父の中国人は中国皇族[7]、『編年通録朝鮮語版』と『高麗史節要』では粛宗、『編年綱目』では宣宗である[8][9]。父の中国人が新羅に来た時に、康宝育の娘の康辰義との間に王帝建は生まれた[10]。王帝建は、父を探しに唐に行くため黄海を渡河していた途上、西海龍王の娘の龍女(後の元昌王后)と出会い、王帝建は、西海龍王の娘の龍女(後の元昌王后)の駙馬となる。『聖源録』によると、西海龍王の娘の龍女(後の元昌王后)というのは、中国平州出身の頭恩坫角干の娘である[11]。そして王帝建と西海龍王の娘の龍女(後の元昌王后)との間に息子の王隆が生まれる[12][13]。その王隆の息子が高麗の初代王王建である[14][15]

延世大学教授の高雲基は、「作帝建に関連した話である。彼は唐の皇族だという人物が新羅に来て、この地の女、辰義と結婚して生んだ息子である。のちに作帝建は、父を探しに行く途中に西海の龍の娘と結婚し、息子の龍建を生んだのだが、この人物がまさに王建の父である。『龍』が中国系の何らかの象徴として見るなら、王建の家系はほとんど中国系のはずで、曾祖父から調べても王建は間違いなく中国系3世」と述べている[16]

八幡和郎は、「宝育は兄の娘の徳州を娶って娘の辰義をもうけましたが、辰義は素性の知れない中国人の商人と結ばれて作帝建(懿祖)を産みました」「父方の系譜において中国人の血を引く人物であることはたしかです」と述べている[1]

家族編集

備考編集

前述したように唐人の家系の出身であるが、王建の活躍を描いた韓流ドラマ太祖王建』には、「先祖は彼(張保皐)とともに唐から新羅に渡ってきた」と王建に語るシーンがある[21]

脚注編集

  1. ^ a b c 八幡和郎『誤解だらけの韓国史の真実』イースト・プレス、2015年4月10日、64頁。ISBN 978-4781650494
  2. ^ 高雲基 2001, p. 87
  3. ^ 高雲基 2001, p. 87
  4. ^ 世界日報 2013
  5. ^ 韓国民族文化大百科事典
  6. ^ 성씨검색 강(康)-뿌리를 찾아서
  7. ^ 高雲基 2001, p. 86
  8. ^ 韓国民族文化大百科事典 경강대왕
  9. ^ 高雲基 2001, p. 86
  10. ^ 高雲基 2001, p. 86
  11. ^ 韓国民族文化大百科事典 의조경강대왕
  12. ^ 高雲基 2001, p. 86
  13. ^ 韓国民族文化大百科事典 의조경강대왕
  14. ^ 世界日報 2013
  15. ^ 高雲基 2001, p. 86-87
  16. ^ 高雲基 2001, p. 86
  17. ^ 高雲基 2001, p. 87
  18. ^ 高雲基 2001, p. 87
  19. ^ 高雲基 2001, p. 87
  20. ^ 高雲基 2001, p. 87
  21. ^ 『韓国大河ドラマ公式ガイドブック 太祖王建』インフォレストISBN 978-4861907425

参考文献編集