メインメニューを開く

瑞穂村開拓団集団自決(みずほむらかいたくだんしゅうだんじけつ)とは、1945年昭和20年)9月17日満州国北安省(現中華人民共和国黒龍江省)瑞穂村開拓団が集団自決した事件[1]。自決者は495人とされている[1]

概要編集

瑞穂村は日本全国22県からの出身者で構成されていた。東京都多摩市にある拓魂公苑に碑が建立されている。

脚注編集

  1. ^ a b 神奈川新聞社(2005: 131)

参考文献編集

  • 神奈川新聞社編集局報道部『満州楽土に消ゆ - 憲兵になった少年』神奈川新聞社、2005年。ISBN 4876453667

関連項目編集