瑞穂 (小惑星)

小惑星

瑞穂(みずほ、2090 Mizuho)は、小惑星帯にある小惑星である。

瑞穂
2090 Mizuho
仮符号・別名 1978 EA
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 1978年3月12日
発見者 浦田武
軌道要素と性質
元期:2010年7月23日 (JD 2,455,400.5)
軌道長半径 (a) 3.074 AU
近日点距離 (q) 2.659 AU
遠日点距離 (Q) 3.488 AU
離心率 (e) 0.135
公転周期 (P) 5.39
軌道傾斜角 (i) 11.80
近日点引数 (ω) 340.03 度
昇交点黄経 (Ω) 337.93 度
平均近点角 (M) 225.48 度
物理的性質
スペクトル分類 S
絶対等級 (H) 10.99
色指数 (B-V) 0.871
色指数 (U-B) 0.499
Template (ノート 解説) ■Project

1978年3月12日浦田武静岡県清水市(現・静岡市清水区)にあった観測拠点「ヤキイモ・ステーション」で発見した。日本のアマチュア天文家によって発見された最初の小惑星である。

命名編集

名称は発見者の娘の名からとられたもので、小惑星回報(MPC)4482で公表された[1][2]

なお、彼女(1972年 - 2004年)[3] の死後、彼女の婚約者のニックネームに由来する (9986) ひろくん が、浦田によって命名されている。

発見編集

この天体は、その後600個を超える小惑星を発見(共同発見を含む)する浦田が、最初に発見した小惑星である。

これ以前に小惑星を発見した日本人には、及川奥郎窪川一雄三谷哲康がいるが、彼らはいずれも大学の天文台に所属する専業の天文学者である。このため、瑞穂は日本のアマチュア天文家によって発見された最初の小惑星でもある。また、世界的にもアマチュア天文家による小惑星発見自体が約30年ぶりのことであった[4]

これを契機として日本のアマチュア天文家たちによる小惑星観測が活発となったため、瑞穂の発見は「1980年代から1990年代へと続く、我が国アマチュアによる小惑星発見の礎をつくった」[4] と評されている。

関連項目編集

脚注編集

参考文献編集

外部リンク編集