環跳穴

環跳穴(かんちょうけつ)は、足の少陽胆経に属す30番目の経穴である。

目次

部位編集

側臥して股関節を深く屈し、股関節横紋の外端、大転子の前上方陥凹部に取穴することとなっている

名前の由来編集

環のような丸い形の骨盤の中にあり、下肢を屈伸して飛び跳ねるときには、この骨に頼っており、鍼を打つと、筋骨風痺の症状を治し、再び跳躍できるようになるから。

効能編集

腰痛と股関節痛、半身不随、下肢痿痺、半身の風疹、ぎっくり腰による疼痛などに利用される。

その他編集

中殿筋麻痺や坐骨神経痛などにも利用される。