メインメニューを開く

生物系特定産業技術研究支援センター

生物系特定産業技術研究支援センター(せいぶつけいとくていさんぎょうぎじゅつけんきゅうしえんせんたー)は、農業・食品産業技術総合研究機構の研究所の一つ。農林水産業等の生物系特定産業技術の研究の高度化を行っている。2016年より農業機械の開発研究は、当センターから分離独立してセンター内に設置された、農業技術革新工学研究センターにて行っている。

概要編集

沿革編集

  • 1962年(昭和37年) - 特殊法人 農業機械化研究所を設立。
  • 1986年(昭和61年) - 特別認可法人 生物系特定産業技術研究推進機構(生研機構)に改組。
  • 2003年(平成15年) - 独立行政法人 農業技術研究機構と統合し、独立行政法人 農業・生物系特定産業技術研究機構 生物系特定産業技術研究支援センターとなる。
  • 2006年(平成18年) - 独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センターに改組。
  • 2015年(平成27年) - 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構に改組。
  • 2016年(平成28年) - 当センターの農業機械化促進業務を分離して、農業技術革新工学研究センターを設置。

外部リンク編集