生駒 直義(いこま なおよし、? - 寛永15年(1638年))は、江戸時代初期の加賀藩士。生駒直勝の子。

 
生駒直義
時代 江戸時代初期
生誕 不詳
死没 寛永15年(1638年
主君 前田利常
加賀藩士(人持組)
氏族 賜姓生駒氏(生駒勘右衛門家)
父母 父、生駒直勝
兄弟 直義、八郎右衛門
織田信雄娘か?
テンプレートを表示

概要編集

4500石を給され、大坂夏の陣で武功を挙げた。その後、江戸で藩主前田利常の次男利次の養育掛として近侍し、寛永15年に没した。子孫は加賀藩の人持組(3000石)生駒勘右衛門家として続いている。

参考文献編集

  • 日本人名辞典(講談社)