メインメニューを開く
新たなの誕生

産科学さんかがく英語: obstetrics)は、妊娠出産に関連する医学の分野の一つ。

婦人科学と合わせて産婦人科学と称される場合が多い。

歴史編集

 
1513

18世紀までは、妊娠出産等に関する分野は、いわゆる「産婆さん(助産師)」が扱う分野であり、医学の一分野として確立した領域ではなく、多くは外科学領域において帝王切開人工妊娠中絶がなされる程度であった。

その後、戦後「周産期医療」の発達に伴って急速に発展し、1960年代以降、妊娠出産管理は助産所から病院で行うものと変化してくる。

現在では、医学分野としても疾患、病態ごとの細分化が進み、また病院の診療科の統廃合等に伴い、産婦人科学という領域から発展し、新生児学までを包括する「周産期医学」または「周産期センター」というようなものも一般的となってきている。

20世紀末から21世紀にかけて日本でおこりつつある産科医と分娩取り扱い施設の不足については、出産難民を参照のこと。

異常妊娠編集

異常分娩編集

母児感染症編集

病気 感染経路 症状
風疹 胎盤 TORCH症候群を起こす。
淋病 産道(淋菌性頸管炎が有る場合) 新生児の目からが出る(膿漏眼)。予後には失明に至る事がある。
性器ヘルペス 気道内乳頭腫を起こす。
クラミジア感染症 産道 新生児肺炎を起こす。
カンジダ症 口の中に真菌の一種であるカンジダが繁殖する(鵞口瘡)。

関連項目編集