メインメニューを開く

地理編集

広島市中心部にあり、西に歓楽街である流川、北に薬研堀、南に平和大通りを挟んで富士見町、東に西平塚町、駅前通りを挟んで東平塚町。その東の京橋川に架かる鶴見橋を渡ると南区比治山となる。紙屋町・八丁堀などの繁華街も徒歩圏内である。

地名編集

広島市中区田中町(たなかまち)。郵便番号730-0026(広島中央郵便局管区)。

歴史編集

1624年寛永元年)に浅野長晟が漢学者の石川丈山を招き、この地に屋敷をニ軒建て、そのうちの一軒を丈山に与えた。当時屋敷の周囲に長池があったが、やがて干拓されて田地となり、田中屋敷、もしくはニ軒屋敷、田中ニ軒屋敷と称した。1882年明治15年)にこの田中屋敷と竹屋村の一部が田中町となった。

道路編集

主な施設編集

人口・世帯数編集

2018年6月末の人口は437人、世帯数は276世帯[1]

隣接町名編集

脚注編集

  1. ^ a b 広島市 人口,世帯数(町丁目別) 2018年8月9日閲覧。
  2. ^ 住居表示の実施区域と未実施区域 広島市 2018年8月9日閲覧。

関連項目編集