田村直也 (スピードスケート選手)

田村 直也(たむら なおや、1979年6月18日 - )は、日本ショートトラックスピードスケート選手。兵庫県丹波篠山市出身。長野オリンピックソルトレイクシティオリンピックに出場した。

関西スピードスケートクラブに所属し、1996年の世界ジュニア選手権で総合3位[1]三田学園高校在学中の1998年2月に18歳で長野オリンピックに出場。1000mで準決勝まで進出して5位入賞。2001年12月16日にワールドカップアムステルダム大会1000mで初優勝[2]。2002年、ソルトレイクシティオリンピックに出場し、1000mで7位となり2大会連続で入賞。

2019年2月17日に行われた篠山市議会議員補欠選挙に立候補し、当選。2月26日から篠山市(現:丹波篠山市)の市議会議員を務めた。2020年4月26日執行の丹波篠山市市議会議員選挙に「地域ファースト丹波ささやま」所属として立候補するも、落選した。

脚注編集

外部リンク編集