田沼 意信(たぬま おきのぶ)は、江戸時代後期の大名陸奥国下村藩3代藩主。官位従五位下主計頭田沼家4代。

 
田沼意信
時代 江戸時代後期
生誕 天明2年(1782年
死没 享和3年9月12日1803年10月27日
改名 鎌之丞(幼名)、意信
墓所 静岡県牧之原市の西大寺
官位 従五位下主計頭
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
陸奥下村藩
氏族 田沼氏
父母 田沼意知
兄弟 意明意壱
松平頼前養女
意定
テンプレートを表示

略歴編集

天明2年(1782年)、田沼意知田沼意次の嫡男)の四男として誕生。正室は松平頼前の養女(松平頼陽の娘)。

寛政12年(1800年)に次兄・意壱が、先々代で長兄・意明に続いて早世したため、その養嗣子として跡を継いだ。

しかし享和3年(1803年)9月12日に、意信も早世した。享年22。跡を養嗣子・意定田沼意致の四男)が継いだ。