由利聖子

日本の児童文学作家

由利 聖子(ゆり せいこ、1911年7月8日 - 1943年2月[1])は、児童文学作家。本名、鈴木富美子[2]

1929年(昭和4年)、東京府立第三高等女学校卒業。第三高女在学中から『少女の友』に投稿する。1932年(昭和7年)ころから同誌に短編を発表。また、ミス・マミコのペンネームで『少女画報』に作品を発表。『少女の友』の姉妹誌『新女苑』では丘文子のペンネームを使用。

主な作品編集

  • チビ君物語(『少女の友』1934年12月号 - 1936年12月号)実業之日本社、1939 
  • 仔猫ルイの報告書(教材社、1940年)
  • あまのじゃく合戦(『少女の友』1938年、単行本でのタイトルは『少女三銃士』)
  • 次女日記
  • ほがらか回覧板(偕成社、1941年)
  • 小さい先生(実業之日本社、1942年)
  • 我が家の合唱(『少女倶楽部』1941年)
  • 蕾物語 実業之日本社、1942 のちゆまに書房より復刻 
  • 少女三銃士 偕成社、1948 
  • モダン小公女(偕成社、1948年)
  • 小さいお母さん(偕成社、1954年)

脚注編集

  1. ^ 遠藤寛子 『『少女の友』とその時代 -編集者の勇気 内山基-』 本の泉社、2004年、73頁。
  2. ^ 『『少女の友』とその時代』、70頁。