メインメニューを開く

由比 正信(ゆい まさのぶ)は、戦国時代武将戦国大名今川氏の配下だった。

 
由比正信
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 永禄3年5月19日[1]1560年6月12日
別名 美作守
主君 今川義元
氏族 大宅氏族由比氏
父母 由比安忠(あるいは由比光張[1]
正純盛正光広景国[注釈 1]
テンプレートを表示

今川義元に仕え、永禄3年(1560年桶狭間の戦いにおいて織田信長軍と交戦。今川義元と同じくこの戦いで戦没した[1]

由比正信の素性に関しては複数の説が存在する。駿河国益津郡徳一色城主であった[注釈 2]とされることが多いが、『由比町史』では駿河国庵原郡由比城静岡県静岡市清水区由比町)の城主・由比光教が田中城(徳一色城)に異動したため、その後継として由比城主になった[注釈 3]としている[5]。この「由比光教」は、由比氏の諸系図に従えば曾祖父が同人物である再従兄弟であるとされるものの、『駿河志料』『古代氏族系譜集成』では光教と正信を同一人物として扱っている[6][1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 盛正以下は『古代氏族系譜集成』「9 大宅臣、大宅朝臣」による[2]。『古代氏族系譜集成』は正信を、由比光教と同一人物として扱っている[1]。また『由比町史』では光広は、(正信とは別人である)光教の子としている[3]
  2. ^ 「今川義元分限帳」によると、由比美濃守が徳一色城18,000石を領したとある。なお阿部正信によると、同書はリストに過不足があるなど不審な点が多く、偽作ではないかとしている[4]
  3. ^ 「今川義元分限帳」では由比周防守が由比城23,000石を領したとしている。なお静岡県静岡市にある常円寺城址の石碑文には、『由比町史』で由比光教の伯父とされる「由比光詔」が由比周防守を称していたとしている[5]

参考文献編集

  •  阿部正信国立国会図書館デジタルコレクション 『駿国雑志』 [要文献特定詳細情報]巻 吉見書店、1912年。全国書誌番号:40008809http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/765114 国立国会図書館デジタルコレクション 
  • 有光友学 「「大宅氏由比系図」とその家系」 『横浜国立大学人文紀要』 27号 横浜国立大学、1981年11月。 NAID 110000361835 
  • 中村高平、橋本博編 『駿河志料』 [要文献特定詳細情報]巻 靜岡郷土研究會、1931年。 NCID BN10327851 
  • 宝賀寿男 『古代氏族系譜集成』 上巻 古代氏族研究会、1986年4月。 NCID BN00924708 
  • 由比町史編さん委員会編 『由比町史』 由比町教育委員会、1989年12月。 NCID BN05005211 
  • 『日本の城がわかる事典』(講談社[要文献特定詳細情報]