メインメニューを開く

由縁の女』(ゆかりのおんな)は、1919年(大正8年) - 1921年(大正10年)に出された泉鏡花長編小説

作中で犀川を男川、浅野川を女川と表現したことで知られる。

また、川端康成が「最も傑れたものの1つである 」と評価した作品である。