メインメニューを開く

由良 貞整(ゆら さだまさ)は、江戸時代中期の高家旗本由良家7代当主。

 
由良貞整
時代 江戸時代中期
生誕 正徳3年11月3日1713年12月20日
死没 天明2年10月16日1782年11月20日
改名 貞冨(さだとみ)→成彌(なります)→貞整
別名 通称:源六郎→新六郎
戒名 長命院殿従四位上行羽林次将前播州太守松翁良久大居士
墓所 芝二本榎國昌寺
官位 従五位下侍従播磨守従四位下従四位上左近衛権少将
幕府 江戸幕府 旗本
主君 徳川吉宗家重家治
氏族 由良氏
父母 父:由良貞長
兄弟 貞整福島正森烏山貞尭
正室:柴田康端
次室:山岡景久
継室:戸田氏賢
由良貞通
養子:貞通松平明矩三男)、貞居

略歴編集

正徳3年(1713年)、由良貞長の長男として江戸の番町厩谷ノ館にて誕生した。享保11年12月11日(1727年)、8代将軍・徳川吉宗御目見する。享保12年(1727年)7月5日、家督を継ぐ。

寛保2年(1742年)10月15日、奥高家となる。同日、従五位下・侍従兼播磨守に叙任される。延享4年(1747年)11月1日、従四位下に昇叙する。宝暦6年(1756年)5月3日、高家肝煎。宝暦10年(1760年)4月26日、従四位上に昇叙する。安永2年(1773年)1月15日、左近衛権少将に補任。安永9年(1780年)4月9日、役務を辞す。

天明2年(1782年)10月16日、死去。なお、当代より10万石以上の格式、金紋揃箱御免となると家伝にあり。

系譜編集

出典編集