メインメニューを開く

由良 貞通(ゆら さだみち)は、江戸時代中期から後期にかけての高家旗本由良家8代当主。

 
由良貞通
時代 江戸時代中期
生誕 寛保元年1月20日1741年3月7日
死没 文化7年3月20日1810年4月23日
改名 松平矩豊(初名)→由良貞通
別名 通称:万吉、半三郎、新六郎
官位 従五位下侍従信濃守
幕府 江戸幕府旗本
主君 徳川家治
氏族 前橋松平家由良氏
父母 父:松平明矩、母:田畑氏娘
養父:由良貞整
兄弟 松平朝矩松平矩道貞通
常(松平宗衍正室)、
綾姫(津軽信寧正室)、
盈子(秋月種茂正室)
養兄弟:貞居
正室:由良貞整娘
継室:森川俊因
貞雄織田信因(次男)、計5男5女

略歴編集

寛保元年(1741年)、前橋松平家4代当主・松平明矩の三男として陸奥国白河において誕生した。明和元年(1764年)9月1日、10代将軍・徳川家治御目見する。

明和2年(1765年)3月19日、高家旗本由良貞整の婿養子になる。安永2年(1773年)8月12日、高家見習に召し出される。同年8月15日、従五位下・侍従・信濃守に叙任する。安永5年(1776年)6月27日、高家職に就く。

天明2年12月24日(1783年)、貞整の死去により家督を相続する。天明6年(1786年)7月9日、高家を辞職する。天明7年(1787年)3月17日、隠居し長男の貞雄に家督を譲る。

文化7年(1810年)3月20日、死去。享年70。