甲州印伝(こうしゅういんでん)とは山梨県伝統工芸品鹿革を原料とし、紋様を付けることを特徴とする[1]

沿革編集

寛永年間にインド度)から来した装飾革に刺激を受け、国産化されたものも印伝と呼ぶようになった[1]。「甲州」とついているが、他産地では失伝したとみられ、製法が現存するのは甲州印伝のみである[2] [1]

1987年に経済産業大臣指定伝統的工芸品に認定された[2]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c 甲州印伝(歴史/特徴)” (日本語). 山梨県. 2021年11月20日閲覧。
  2. ^ a b 歴史 | 印伝の世界” (日本語). 印傳屋. 2021年11月20日閲覧。

外部リンク編集