メインメニューを開く

甲斐 道太郎(かい みちたろう、1925年(大正14年)11月25日 - )は、日本法学者。専門は法社会学民法大阪市立大学名誉教授[1]

人物編集

鹿児島県出身。イギリスが資本主義成立の先進国とされるのに対し、イギリスより後進国とされたドイツの法律が近代的法律のモデルとして引き合いに出されることに疑問を持ち英国土地制度史から土地所有権の研究を始める。 法解釈論争、判例論争にも関わりその際「戦後の法律学は科学性に対するせつないまでの憧憬を示している」と主張し、論争相手でもあった星野英一に名言と言わしめた。

関西水俣病訴訟、大阪空港訴訟サラ金問題などにも積極的に取り組む。また、法社会学者として司法書士の地位向上に関する研究も行う。

指導教官は磯村哲で一番弟子にあたる。

なお、大学院時代には、京都府立山城高等学校教諭も務めた[2]

略歴[3]編集

1945年3月、第三高等学校 (旧制)文科甲類卒業。1945年3月、大日本帝国陸軍船舶工兵として入営。1945年8月、復員。1948年3月、京都大学法学部卒業。京都大学大学院特別研究生を経て、1953年4月、甲南大学経済学部助教授。1960年4月、同法学部助教授。1964年3月、同法学部教授。1964年4月、大阪市立大学法学部教授。1969年5月、同教務部長。1970年4月、同法学部長。1971年4月、同評議員。1972年、日本学術会議会員(~1981年)。1984年5月大阪市立大学教務部長(再任)。1989年3月、同停年退職。1989年4月、同名誉教授、龍谷大学法学部教授。1994年3月同定年退職[4]。1995年4月、京都学園大学大学院法学研究科特任教授。1999年3月、同退職[5]。この他、近畿司法書士連合会顧問を歴任。1977年法学博士(大阪市立大学、学位論文「土地所有権の近代化」)。

受賞歴編集

  • 1969年12月 松永賞社会科学部門受賞

主著編集

  • 『土地所有権の近代化』
  • 『法の解釈と実践』
  • 『不動産法の現代的展開』
  • 『詳しい震災と借地借家の法律相談』
  • 『新現代民法入門』

教科書[1]編集

  • 『新民法概説 1 -- 総則・物権 第4版』甲斐道太郎、乾昭三 、椿寿夫 編、有斐閣、2005年。ISBN 4641112576
  • 『新民法概説 2 -- 債権 第3版』甲斐道太郎、乾昭三 、椿寿夫 編、有斐閣、2005年。ISBN 4641112584
  • 『新民法概説 3 -- 親族・相続 第3版』甲斐道太郎、乾昭三 、椿寿夫 編、有斐閣、2006年。ISBN 4641-112657

編集

  1. ^ a b 著作一覧:甲斐 道太郎(カイ ミチタロウ) | 有斐閣”. www.yuhikaku.co.jp. 2018年11月6日閲覧。
  2. ^ 「甲斐道太郎教授略歴」『龍谷法学 26巻3-4合併号』龍谷大学法学会、1994.3、437頁参照。
  3. ^ コトバンク
  4. ^ 以上につき、「甲斐道太郎教授略歴」『龍谷法学 26巻3-4合併号』龍谷大学法学会、1994.3、436頁以下
  5. ^ 以上につき、「甲斐道太郎先生の御退職にあたって」『京都学園法学 28巻』京都学園大学法学会、1999.3、234頁以下