メインメニューを開く

男の自画像』(おとこのじがぞう)は、柳沢きみおによる漫画。『ビッグコミック』(小学館)に1986年4月から1988年10月まで連載された。

男の自画像
ジャンル 野球漫画
漫画
作者 柳沢きみお
出版社 小学館
掲載誌 ビッグコミック
発表期間 1986年4月 - 1988年10月
巻数 ビッグコミックス/全6巻
スコラSCスペシャル/全4巻
テンプレート - ノート

6年前にプロ野球選手を辞めた主人公・並木雄二が、再び現役投手として復帰するまでの道のりを描く。

あらすじ編集

並木雄二はプロ野球球団「東京セネタース(戦前に実在していた同名球団とは無関係)」に所属していたが、シュートの投げすぎが原因で右肘を痛めて退団。その後は普通の会社員として物足りない毎日を送ることになった。しかし退団した後も、現役投手としてマウンドで球を投げて打たれるという夢を見てしまう。6年後、36歳になった並木はかつて同じチームに所属していた益山と再会して現役時代の思い出を語り合う。ある日並木は益山に、いつも見ている夢について話してみる。それに対し益山は、その夢を見続ける原因は未だに自分が現役でいるつもりだからではと答えた。その時並木は自分の気持ちに気づき、再び現役選手として復帰するという戦いが始まった。

並木は会社に辞表を出し、益山と練習を重ねる。現役復帰の秘策として球種「ナックル・ボール」を体得する努力を続ける。

登場人物編集

並木 雄二(なみき ゆうじ)
主人公。元東京セネタース投手。36歳。現役選手復帰を目指す。現役時代の経歴は、新潟大学からノンプロ新和興業を経て1972年ドラフト4位で入団。1975年に10勝4敗8セーブ、1976年は13勝10敗2セーブで主力投手となるが、1977年後半に右肘を痛め、1979年オフに自由契約。
陽子(ようこ)
並木の妻。並木が野球選手を引退したのちは冷たい関係が続いている。元スチュワーデス。雄二が会社に辞表を出すと、子供2人を連れて実家へ行く。
益山(ますやま)
並木の友人。元東京セネタース捕手。引退後は、やきとり屋「くし屋」を経営している。
相沢 晴江(あいざわ はるえ)
並木の愛人。陽子以上に現在の並木を愛している。しかし並木との思いのすれ違いから別れることに。
栄一(えいいち)
並木のこども
大河内(おおこうち)
広島カープにいた元選手、退団後ヤクザの道に。抗争で死亡。
ゆかり
益山の店に客で来るホステス。益山にほれていたが・・。
加賀 文明(かが ふみあき)
復活に向け練習する並木と出会い、一対一で賭けの勝負を並木とすることになる。プロ嫌いだったが、父の死に際の言葉でプロを目指すことに。
由良 直次(ゆら なおじ)
大河内の舎弟
順子(じゅんこ)
大河内の女であったが、大河内の死後並木が面倒をみる。やがて並木の愛人に。
木崎(きざき)
東京セネタースのコーチ。並木の復帰を邪魔することに。
西武ライオンズ監督。練習中の並木の投球を目にして西武に迎え入れようとする。

書誌情報編集