六法 (画論)

画の六法から転送)

六法(ろっぽう)は、南朝斉謝赫による画論である『古画品録』に始まる6種の法則

  • 気韻生動:迫真的な気品を感じ取ることが可能であること。
  • 骨法用筆:明確な描線で対象を的確にあらわすこと。
  • 応物象形:対象の形体を的確にあらわすこと。
  • 随類賦彩:対象の色彩を的確にあらわすこと。
  • 経営位置:画面の構成。
  • 伝移模写:古画を模写すること。