画面(がめん)

基本的には「画の面」「画の描かれている面」などという意味の用語で、もともとは美術界で使われていた用語だが、現在では具体的には次のようなものがある。

  • 絵画の描かれている面。→絵画キャンバス画用紙
    • 画に描かれている諸要素の、2次元的な配置や相互関係に焦点をあてた用語(美術関係者、アーティストなどが使う用語) →構図
  • 映画のスクリーン(映写幕)
  • テレビ受像機の表示面。(装置全体ではなく、あくまで表示面だけを指すための用語。液晶板やCRTの視聴者側に向いた面)
  • コンピュータのディスプレイの表示面。(装置全体ではなく、あくまで表示面だけを指すための用語。CRTや液晶板など表示面。英語では「スクリーン」という。この「スクリーン」は「スクリーンショット」という用語でも使われている。)