畠山 義躬(はたけやま よしかた)は、江戸時代中期の高家旗本通称は左門、主計。能登畠山氏高家3代当主。

 
畠山義躬
時代 江戸時代中期
生誕 元禄元年(1688年
死没 元文5年1月21日1740年2月18日
別名 通称:左門、主計
幕府 江戸幕府高家旗本
主君 徳川吉宗
氏族 能登畠山氏(高家肝煎)
父母 父:畠山義寧
兄弟 義躬内藤勝尹上杉知義ら3男2女
正室:津軽政兕
畠山義紀正室
養子:義紀
テンプレートを表示

略歴編集

2代当主・畠山義寧の長男として誕生。

元禄11年(1698年)8月14日、5代将軍・徳川綱吉御目見する。享保18年(1733年)12月4日、父の隠居により家督を相続する。

元文5年(1740年)4月6日、隠居し、家督を婿養子・義紀上杉吉憲の三男)に譲る。同年1月21日に死去、享年53。