メインメニューを開く

白い僧院の殺人』(しろいそういんのさつじん、原題: The White Priory Murders )は、アメリカ推理作家カーター・ディクスン(ジョン・ディクスン・カーの別名義)による推理小説。発表は1934年ヘンリ・メリヴェール卿ものの長編第2作目にあたる。

目次

あらすじ編集

ハリウッドで大女優となったマーシャ・テートがロンドンでの凱旋舞台のためにイギリスに戻ってきた。しかし、秘密にしていた彼女の宿泊地にチョコレートが贈られ、不審に思った関係者が全員でチョコレートを食べたところ、宣伝係のティム・エマリーがストリキニーネの入ったチョコレートを食べて病院に担ぎ込まれた。

そのような中マーシャは、サリー州にあるモーリス・ブーンの屋敷「白い僧院」の別館「女王の鏡」に宿泊する。その翌朝、クリスマスに招待されたジェームズ・ベネットが「白い僧院」に到着したとき、モーリス・ブーンの弟のジョンに呼ばれて別館「女王の鏡」に向かう。そこには頭を割られたマーシャ・テートの死体が横たわっていた。「女王の鏡」の周囲30メートル四方は深夜に降り積もった雪に覆われており、新雪の上に残された真新しい足跡は、死体の発見者のジョンと到着したばかりのベネットの2組が「女王の鏡」に向かっているものだけだった。しかし、検死の結果、マーシャの死亡推定時刻は午前3時から3時半の間で、雪がやんだ2時から1時間ほど後だった。果たして犯人はいかにして足跡を残さずに「女王の鏡」に侵入してマーシャを殺害し、そこから脱出したのだろうか。「雪の密室」の謎にH・Mことヘンリ・メリヴェール卿が挑む。

主な登場人物編集

H・M(ヘンリ・メリヴェール卿)
イギリス政府の高官。犯罪捜査の天才。
ジェームズ・ベネット
H・Mの甥。外交官。
マーシャ・テート
ハリウッドの女優。
カール・レインジャー
映画監督。
ティム・エマリー
マーシャの宣伝係。
モーリス・ブーン
「白い僧院」の当主。歴史学者。
ジョン・ブーン
モーリスの弟。
キャサリン(ケート)・ブーン
モーリスの姪。
カニフェスト
新聞界の大物。
ルイーズ・カルー
カニフェストの娘で秘書。
ジャーヴィス・ウィラード
舞台俳優。
トムスン
「白い僧院」の執事。
ハンフリー・マスターズ
ロンドン警視庁の主席警部。
ポッター
州警察の警部。

作品の評価編集

  • 江戸川乱歩は「カー問答」(『別冊宝石』、カア傑作集、1950年[1]の中で、カーの作品を第1位のグループから最もつまらない第4位のグループまで評価分けし、本作を第2位のグループ7作品の2番目に挙げている[2]。さらに本作について「犯人の足跡がないという不思議を、変なメカニズムなんか使わないで、心理的に巧みに構成している。私はこれはカーの発明したトリックの内で最も優れたものの一つと考えている。」と評している。

脚注編集

  1. ^ カー短編全集5『黒い塔の恐怖』(創元推理文庫)所収。
  2. ^ 第2位のグループ7作品の筆頭は『三つの棺』。