白ナイル州(しろナイルしゅう、アラビア語: النيل الأبيض‎、al-Nīl al-Abyaḍ)は、スーダン白ナイル川沿いに位置する。面積は30,411km2[2]、2018年推計の人口は2,493,900人[3]。州都はラバク、他にクースティーエッドエイムも白ナイル州に属する。

白ナイル州

النيل الأبيض

an-Nil al-Abyad
白ナイル州の公式印章
印章
白ナイル州の位置
白ナイル州の位置
座標:北緯13度27分 東経32度20分 / 北緯13.450度 東経32.333度 / 13.450; 32.333座標: 北緯13度27分 東経32度20分 / 北緯13.450度 東経32.333度 / 13.450; 32.333
スーダンの旗 スーダン
州都 ラバク
面積
 • 合計 39,701 km2
人口
(2008 (est.))
 • 合計 1,140,694人
 • 密度 29人/km2
等時帯 UTC+2 (CAT)
ISO 3166コード SD-NW
HDI (2017) 0.488[1]
low

1937年に白ナイル州に建設されたジャバル・アウリアダムはスーダンで2番目に古いダムである[2]。ジャバル・アウリアダムは高い発電能力を持ち、ダムの建設によって白ナイル川の河床勾配の高低差が小さくなったために上流のジュバとの河川交通が活性化した[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Sub-national HDI - Area Database - Global Data Lab” (英語). hdi.globaldatalab.org. 2018年9月13日閲覧。
  2. ^ a b c 加藤「白ナイル州」『世界地名大事典』3、515頁
  3. ^ Republic of the Sudan”. Citypopulation.de (2019年9月5日). 2021年11月3日閲覧。

関連項目編集

参考文献編集

  • 加藤博「白ナイル州」『世界地名大事典』3収録(朝倉書店, 2012年11月)