メインメニューを開く

白倉氏(しらくらし)は、日本の氏族の一つ。児玉党の一族であり、上野国甘楽郡白倉に拠った戦国時代の武士。上州八家の一つで、関東管領山内上杉氏の重鎮として四宿老にも数えられた。

概要編集

白倉氏は、児玉党の一族であり、上野国甘楽郡白倉[1]を本領とし、白倉氏を称した。

承久3年(1221年)の承久の乱で討死した白倉成季から白倉氏を称した。その後、足利氏に従い、山内上杉氏の家臣となった。その後、上州八家(小幡氏・白倉氏・安中氏倉賀野氏桐生氏由良氏山上氏沼田氏)の一つに数えられ、白倉重佐(五左衛門)の代には関東管領上杉憲政のもと、四宿老(長尾氏大石氏・小幡氏・白倉氏)の一人に数えられた[2]

重佐の子・白倉道佐の代には、上杉謙信に仕え[3]、上杉謙信が鎌倉で関東管領就任の儀式をしたさい、側近として付き添った[4]。しかし武田信玄箕輪城上野長野氏を攻めるとこれを防ぎきれず、永禄6年(1563年)武田氏に降った[5]

天正9年(1581年)武田氏が滅亡すると、道佐の子・白倉重家は織田家の重臣滝川一益に降り、天正10年(1582年)6月の神流川の戦いでは、滝川方に付いて戦った[6]。合戦に敗れた滝川一益が伊勢に逃げ帰ると北条氏直に降った。天正18年(1590年小田原征伐では、白倉城[7]に弟・重高を置いて守らせ、白倉重家は小田原城に籠城した[8]。北条氏が滅亡すると、白倉氏も所領を失い没落した。

脚注編集

  1. ^ 甘楽郡上白倉村・下白倉村、北甘楽郡白倉村新屋村白倉、現・甘楽町大字白倉。白倉神社[1] [2])の所在地
  2. ^ 『講談社日本人名大辞典』講談社、2001年、[要ページ番号]
  3. ^ 『関東幕注文』下野足利衆の長尾同心として小幡道佐として名が記されている。
  4. ^ 『甲陽軍鑑』[要文献特定詳細情報]
  5. ^ 『箕輪城と長野氏 (中世武士選書)』近藤義雄、戎光祥出版、2011年、[要ページ番号]
  6. ^ 『上毛古戦記』[要文献特定詳細情報]
  7. ^ 甘楽町の歴史をたどる 麻場城(白倉城)
  8. ^ 『上州古城塁記』[要文献特定詳細情報]