白山 松哉(しらやま しょうさい、1853年10月24日嘉永6年9月22日)- 1923年大正12年)8月7日)は、明治時代から大正時代に活躍した日本漆芸家である。本姓は細野、本名は福松。

白山松哉作の文台明治時代、19世紀、ハリリコレクション

経歴・人物編集

江戸の生まれ。若くして小林好山及び蒲生盛和の門人となり、蒔絵螺鈿堆朱等を学ぶ。後に起立工商会社に勤務し、漆芸の制作に携わった。これによって、転職し1905年[1](明治38年)に東京美術大学(現在の東京芸術大学)にて教鞭を執り、翌1906年(明治39年)には帝室技芸員農展の審査員(第5回と第6回)に採用された。

松哉の作風は「研ぎ出し蒔絵」と呼ばれ、極めて類もない緻密なものであった。この業績により、1881年(明治14年)に開催された第2回内国勧業博覧会1900年(明治33年)に開催されたパリ万博では、名誉賞をそれぞれ受賞し海外でも有名な漆芸家となった。墓所は蓮華寺東京都文京区小石川)に所在する。

主な作品編集

代表的な作品編集

その他の作品編集

  • 『鳥蒔絵螺鈿八角形菓子器』- 現在は東京国立博物館が所蔵。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 1892年(明治25年)説もある。

出典編集

外部リンク編集