白耳兵または白毦兵(はくじへい)は、後漢末期から三国時代蜀漢皇帝劉備の親衛隊または精鋭部隊である。蜀漢の丞相の諸葛亮には西方上兵[1]と呼ばれていた。

白耳兵編集

223年章武3年)、夷陵の戦いに敗れた劉備が白帝城に逃れた際、追撃する軍が突如撤退したのは白耳兵の働きによるものとする説がある[2]

226年建興4年)、陳到が永安都督及び征西将軍に任じられた際、その指揮官に任じられ、李厳を支援した[3]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 張澍著 諸葛亮集第一巻『與兄瑾論白帝兵書』、『太平御覧』巻三百四十一
  2. ^ 劉黎平 白毦兵 三國時期神秘的蜀漢特種部隊
  3. ^ 陳寿『三國志』第四十巻蜀書十