白頭大幹

朝鮮半島を縦断する山脈

白頭大幹(ペクトゥデガン、はくとうだいかん、: 백두대간)は、北の白頭山から南の智異山まで朝鮮半島の大部分を縦断している山脈、分水嶺の線[1]。河川などによって分断されることなく朝鮮の国土を貫く山系であり[2]、朝鮮において伝統的な思想である風水地理の哲学と実践において、根幹をなす概念である。白頭大幹は、しばしば朝鮮半島の「脊椎」として言及され、歴史的にも様々な芸術作品において、そのように表現されてきた。白頭大幹は、小白山脈全体と、太白山脈の大部分を合せたものである。

白頭山頂上部の天池
白頭大幹
各種表記
ハングル
漢字
RR式 Baekdu daegan
MR式 Paektu taegan
テンプレートを表示

標高 2,744m の白頭山は、白頭大幹の北端に位置し、広く朝鮮の山々の父と見なされており、そこから 1400 km にわたって延びる白頭大幹は、朝鮮半島の背骨としてしばしば言及される[2][3]

歴史編集

白頭大幹という表現は、北の白頭山から南の智異山に至る山稜の連なりを捉えた言及のしかたである[3][4]風水思想の形勢学派は、「気」の流れである「脈」に沿って山脈が形成されると考えるが、申景濬朝鮮語版は『山経表산경표)』において、「白頭大幹」に初めて言及し、これを最高位の「脈」と位置付けた[4]

以降、朝鮮では長らく「白頭大幹」あるいは「白頭正幹」といった表現が用いられていたが、近代地理学の導入が始まると、張志淵朝鮮語版1909年に発表した『大韓新地誌』を初出として「白頭山脈」という表現が導入されるようになり[5]1910年から1945年に至る日本統治時代の朝鮮において、日本は朝鮮の山々の構造を捉えなおすため、山脈の概念を導入しようとした[3]。日本統治時代に広まった山脈という捉え方は、地下の地質学的構造を優先した考え方であり、地形学的構造を優先したものではなかった[3]

1990年代、大韓民国では『山経表』の復刻出版を契機に、「白頭大幹」への関心が高まった[4]2003年、大韓民国環境部は、「国土を健全に保存し快適な自然環境を造成」することをうたった「白頭大幹保護に関する法律」を公布した[4]

一部の人々は、現状では軍事境界線によって分断されているこの稜線全体を歩き通すことを夢見ている。ニュージーランド出身で大韓民国在住の写真家ロジャー・シェパードは、2007年から南の山々の登山と撮影を始め、2011年以降は北の山々にも登山して、2013年に写真集『BAEKDU DAEGAN KOREA:Mountains of North & South Korea』を発表した[6]

編集

編集

編集

脚注編集

  1. ^ 백두대간” (朝鮮語). Doosan Encyclopedia. 2016年2月23日閲覧。
  2. ^ a b 白頭大幹”. 江原道. 2020年11月7日閲覧。
  3. ^ a b c d Yoo, Myeong-jong (2008-09-10). 100 Cultural Symbols of Korea (1º ed.). Discovery Media. p. 14 
  4. ^ a b c d 渋谷鎮明「韓国における「白頭大幹」の評価と「脈」の論理」『日本地理学会発表要旨集』2020s、日本地理学会、2020年、 311頁。 NAID 130007822329
  5. ^ 金枓哲「韓国における近代地理学の黎明期:-張志淵の「大韓新地誌」を中心に-」『人文地理学会大会 研究発表要旨』、人文地理学会、2006年、 112-113頁。 NAID 130004596599
  6. ^ 朝鮮半島【インタビュー】白頭大幹を縦走した写真家、ロジャー・シェパードさん”. 朝鮮新報 (2016年10月3日). 2020年11月7日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集