白馬節会(あおうまのせちえ)は、古来の年中行事のひとつ。

概要編集

1月7日天皇豊楽院(のちに紫宸殿)に出御して邪気を祓うとされる白馬にひき出し、群臣らとを催す[1]

白馬節会の由来は、この白馬節会が始まった当初、中国の故事に従い、ほかのよりも青みをおびた黒馬(「アオ」と呼ばれる)が行事で使用されていたが、醍醐天皇のころになると白馬または葦毛の馬が行事に使用されるようになり、読み方のみそのまま受け継がれたため「白馬(あおうま)」となったとされる。

2011年現在では京都市北区にある上賀茂神社大阪府大阪市にある住吉大社などの神社で、神事として行われている。

脚注編集

  1. ^ 風俗博物館 白馬節会

参考文献編集

  • 蜷川壽惠毛利和夫高山繁中里裕司野呂肖生『改訂版日本史B用語集』全国歴史教育研究協議会山川出版社(原著2009年3月30日)、改訂版(日本語)。ISBN 978-4634013025

関連項目編集

外部リンク編集