百済王利善
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 延暦3年5月24日784年6月16日
官位 従四位下散位頭
主君 称徳天皇光仁天皇桓武天皇
氏族 百済王氏
父母 父:百済王敬福
兄弟 理伯武鏡利善玄鏡、難波姫
忠信、忠宗
テンプレートを表示

百済王 利善(くだらのこにきし りぜん)は、奈良時代貴族刑部卿百済王敬福の子。官位従四位下散位頭

経歴編集

称徳朝天平神護元年(765年従五位下叙爵し、翌天平神護2年(766年飛騨守に任ぜられる。

光仁朝でも宝亀2年(771年讃岐員外介と地方官を務めたのち、宝亀7年(776年)従五位上、宝亀10年(779年正五位下天応元年(781年)正五位上、延暦2年(783年)従四位下と、光仁朝末から桓武朝初頭にかけて順調に昇進した。

延暦3年(784年)5月24日卒去。最終官位は散位頭従四位下。

官歴編集

続日本紀』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b c 栗原信充考訂『百済王三松氏系図』

参考文献編集