本来の表記は「百濟王孝忠」です。この記事に付けられたページ名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
 
百済王孝忠
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 不明
官位 従四位下出雲守
主君 聖武天皇孝謙天皇
氏族 百済王氏
父母 父:百済王郎虞
兄弟 孝忠全福敬福、清仁
元忠、三忠、孝法
テンプレートを表示

百済王 孝忠(くだらのこにきし こうちゅう)は、奈良時代貴族摂津亮百済王郎虞の子。官位従四位下出雲守

経歴編集

天平8年(736年従五位下叙爵。天平10年(738年)に遠江守に任ぜられ、天平13年(741年)に重任している。

天平15年(743年橘諸兄左大臣任官と同時に従五位上へ叙せられると、天平16年(744年正五位下、天平19年(747年)正五位上、天平20年(748年従四位下と、聖武朝後半の橘諸兄政権下で順調に昇進する一方、天平18年(746年)には左中弁、次いで橘諸兄が大宰帥に任ぜられるとその下僚として大宰大弐に転じている。

天平勝宝元年(749年孝謙天皇の即位後間もなく紫微中台が新設されると、その次官(紫微少弼)に任ぜられるが、翌天平勝宝2年(750年)に出雲守として地方官に転任する。天平勝宝4年(752年)の東大寺大仏開眼会の際には鎮裏京使に任ぜられ、内裏平城京の警護を務めている。

官歴編集

※以下、『続日本紀』の記載に従う。

系譜編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 栗原信充考訂『百済王三松氏系図』

参考文献編集