百済王聡哲
時代 平安時代初期
生誕 神護景雲3年(769年)?
死没 天長4年7月7日827年8月2日)?
官位 正五位下刑部大輔
主君 桓武天皇平城天皇
氏族 百済王氏
父母 父:百済王俊哲
兄弟 聡哲教徳教俊教法、貴命
永哲、永仁、永善、真善
テンプレートを表示

百済王 聡哲(くだらのこにきし そうてつ)は、平安時代初期の貴族陸奥鎮守将軍百済王俊哲の子。官位は正五位下刑部大輔

経歴編集

延暦16年(797年従五位下出羽守に叙任される。従五位上に叙せられたのち、桓武朝末の延暦24年(805年主計頭に任ぜられる。

延暦25年(806年平城天皇の即位後に越後守として地方官に転じる。大同3年(808年)正五位下・刑部大輔に叙任されて京官に復すが、以降の動静は不明。一説では淳和朝天長4年(827年)7月7日に享年59で卒去したともされる[1]

官歴編集

日本後紀』による。

系譜編集

  • 父:百済王俊哲[1]
  • 母:不詳
  • 生母不明の子女
    • 男子:百済王永哲[1]
    • 男子:百済王永仁[1]
    • 男子:百済王永善[1]
    • 女子:百済王真善[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 栗原信充考訂『百済王三松氏系図』

参考文献編集