メインメニューを開く

皇帝にして国王陛下英語: Imperial and Royal Majesty)は、皇帝及び国王を兼任している者に対する敬称である。

概要編集

歴史上で皇帝が国王を兼任している場合に用いられ、主にハンガリー国王を兼任していたオーストリア皇帝や、プロイセン国王を兼任していたドイツ皇帝に対して使われていた。現在では皇帝に当たる君主が天皇しかおらず、国王を兼任していないため既に使われない敬称となっている。

歴史上の例編集

関連項目編集