本来の表記は「盧愷」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

盧 愷(ろ がい、生年不詳 - 592年頃)は、北周からにかけての人物。は長仁。本貫范陽郡涿県

経歴編集

西魏の中書監の盧柔の子として生まれた。北周の斉王宇文憲に召されて記室となった。父の容城伯の爵位を嗣いた。宇文憲の下で北斉に対する征戦に従軍し、柏杜鎮を説得して降伏させた。小吏部大夫に転じた。染工上士の王神歓が冢宰の宇文護賄賂を贈って、計部下大夫に抜擢されることとなった。盧愷が宇文護を諫めると、抜擢は取りやめられた。建徳年間、内史下大夫に転じた。574年(建徳3年)、武帝が雲陽宮にいたとき、老いた牛を諸士に供与しようとしたが、盧愷が老牛を士に与えるのは仁政を欠くものと諫めたため、武帝はこれを取りやめた。盧愷は礼部大夫に転じ、南朝陳に対する副使をつとめた。575年(建徳4年)秋、李穆が軹関と柏崖の二鎮を攻め落とすと、盧愷は命を受けて戦勝報告の文章を書き、その文章は武帝に絶賛された。まもなく襄州総管府司録に任じられ、治中に転じた。579年大象元年)、東京吏部大夫に任じられた。581年(隋の開皇元年)、上儀同三司の位を加えられ、尚書吏部侍郎に任じられた。爵位は侯に進み、尚書左丞を兼任した。後に散騎常侍の位を加えられた。588年(開皇8年)、文帝は百官の考課をこない、盧愷を上とした。589年(開皇9年)、礼部尚書に任じられ、吏部尚書事を兼ねた。592年(開皇12年)、尚書右僕射の蘇威が国子博士の何妥と争い、盧愷は蘇威についたため、連座して免官された。まもなく、家で死去した。

子の盧義恭が後を嗣いだ。

伝記資料編集