盧 道裕(ろ どうゆう、476年 - 519年)は、北魏官僚は寧祖。本貫范陽郡涿県

経歴編集

盧淵の三男。北朝北魏の献文帝の娘の楽浪長公主を妻に迎え、駙馬都尉・太子舎人に任じられた。まもなく太子洗馬に転じ、さらに散騎侍郎となった。安遠将軍・中書侍郎・兼秘書丞に転じた。まもなく母が死去したため辞職して喪に服し、喪が明けると再び中書侍郎に任じられた。龍驤将軍・太子中庶子・幽州大中正となった。長兼散騎侍郎に転じ、左将軍の号を加えられた。519年左将軍・涇州刺史となり、同年7月に在官のまま死去した。は文侯といった。

伝記資料編集